So-net無料ブログ作成

禁じられた遊び/ALI PROJECT【CD】 [レビュー・感想]

フト思いついたのでALI PROJECTの新曲「禁じられた遊び」の歌詞を考察してみた。
「月蝕グランギニョル」で歌詞が読めない読めないと散々言われたのがアリカさんよっぽど懲りたのか、今回はアリプロにしてはそんなに捻ってない、ストレートな歌詞だと思う。
(以下エロトーク満載につき、苦手な方は回避願います)

最初のサビの所「イメージでお送りしています」みたいな感じなんだけど、最後の「天使に施す青いドレサージュ」で解決する。ドレサージュとは食品業界の用語では「盛付け」の事。また、スポーツ関係で言うと、馬術で馬に対する調教の事を意味する。
んが。
アリプロの歌でそんなフツウの意味で使われている訳がないのであって。「ドレサージュ」という単語は、夜の世界では性的志向、SMなどの“調教”を意味するんである。
この単語ひとつで、ほーら一気にとんでもない世界に突入してしまった。
エロッ!

「今宵もひとり果てる/あなたが憎らしい」
は、ズバリそのまんま、「薔薇の首輪つなげ」られているお犬ちゃんが女王様より先にイッちゃったって事なんだろう(笑)。
「跪いてお舐めよ/苦い愛の雫を」
説明するまでもありませんな。苦いっつー事は女王様じゃなくてお犬ちゃんの方の雫かしら(考えすぎ)。

曲が進むと「二人の証十字架のもとで貪りましょう」というフレーズが出てくる。
十字架は勿論神性の象徴。おそらくはこの二人、少なくともお犬ちゃんの方は天使確定。
その直前、「闇よりも怖いのは孤独」闇は地獄もしくは堕天のメタファ。つまり「地獄に堕ちるよりも離ればなれになる方がイヤ」っつー事ですな。いつまでも一緒に居る事を誓い合う為に、敢えて神を穢す行為をしましょう、つまりワザと十字架を前にしてナニしましょうとかなんとか、そーゆー事なんではあるまいか。
ああ、バチあたり。

なんか長くなってきたので続きはまた気が向いた時にでも。
こーゆー読み解きみたいなの、実は結構好き。

禁じられた遊び

禁じられた遊び

  • アーティスト: ALI PROJECT, 宝野アリカ, 片倉三起也
  • 出版社/メーカー: メロウヘッド
  • 発売日: 2004/10/22
  • メディア: CD


地震大国 [雑記]

野菜が高いのでママンの献立もネタ不足気味。
「今日は…納豆」「…だけ?」「うん」だと。
「それはちょっといくらなんでも…」と言ってみたら、「山古志村の人に比べれば幸せだと思え」との仰せ。
そーゆー問題でもない気がするが、とりあえず素直にそう思う。
(でも結局トリカラも出てきました)

今日のブラック・ジャックが差し替えになってしまった。
「ひったくり犬」。ラストシーンでBJの家が地震で全壊してしまうシーンがある。
事前の情報で、アニメ版では“ひったくり犬”ラルゴが助かりそのまま飼い犬になるような事が言われていたが、やっぱりこのご時世、地震ネタはNGという事になったらしい。
もっとも最近日テレは視聴率問題やら「おしゃれカンケイ」のアレとか色々不祥事が続いていたから、少しでも問題になるリスクは避けたいみたいなイヤゲな意志が見え隠れしないでもない、とか思ってしまった。

そーいや種デスの3話、ちゃんとやる事になったらしい。
いいことだ。
確かにアニメどころじゃないのは勿論の事なんだけど続き物をすっ飛ばされたらかなわない。

地震のひみつ

地震のひみつ

  • 作者: 藤木 輝美
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 1992/07
  • メディア: 単行本


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。