So-net無料ブログ作成
検索選択

なんとなくらくがき [雑記]


久し振りにお絵かきツール(gooブログのお絵かきツール)を使ってみる。
ペン入れ水彩でしてみたけどどうかな。
このツール水彩の塗りの感じは気に入ってるんだけど、
別窓表示がないのと、画像のサイズが固定なのがしんどいな。

イラレパズル―Illustrator図形おえかき学習えほん

イラレパズル―Illustrator図形おえかき学習えほん

  • 作者: ヤマサキ タツヤ
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 単行本

バイオの新作はブラックホークダウン? [雑記]

『バイオハザード5』は『ブラックホーク・ダウン』がイメージソース
ブラックホークダウン、公開当時劇場に見に行ったけど、ゾンビは連想しなかったなあ……。そんな風に思った人が少なからずいたらしい事にちょっと驚き。男の人って戦争映画見るとこんな風に思うもんなのかしら。
そもそも三分の一くらいはオーリー君を見に行ったようなものだったので(笑)、当時はあまり難しい事を考えずに見ていたんだけど……。当時はジョシュ・ハーネットの日本での人気が急上昇していた頃で、ジョシュ君目当てと思しき女子(なんかシャレみたい)が劇場内大半を占めていた気がします。そんな女子の人があの血なまぐさい映画にどんな感想を持ったのか聞いてみたい所存。
自分はといえば、オーリー君は戦闘開始早々リタイヤしちゃうので(笑)、その後はただひたすら映像面でのめりこんでいたような。細かく言うと「映像面の雰囲気」とでもいいましょうか……。画面が何を映しててもひたすら茶褐色で、その茶褐色の町並みの中にお祈りの歌が朗々と響いていたのが印象的な映画でした。
あーあと、この映画を見たあとは、普通に「RPG」と言えばロールプレイングゲームの事ですが、「R・P・Gー!」と発音するとロケット砲の事、というのが自分的お約束になりました。

ブラックホーク・ダウン コレクターズ・ボックス

ブラックホーク・ダウン コレクターズ・ボックス

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2003/07/16
  • メディア: DVD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

在日韓国人声優 朴ろ美韓国訪問 [雑記]

流石にこれは紹介しないわけにはいかんざき。ぱくろみねぇさんがハガレンのプロモでかの国に行くそうですよー。
在日韓国人声優 朴ろ美韓国訪問
わざわざ在日韓国人声優と断ってるあたりがかの国らしくてちょっと香ばしい感じだけどまあいいでしょう。
しかしろみねぇさんも今やすっかり「ハガレンの」な人になってしまいましたな。実を言うとエドやレイジ(ドラゴンドライブ)みたいなタイプの声はあんまり好きじゃないんですよ。うえきもちょっと違うっぽい……。ろみねぇさんといったらやっぱりロランたんとか賢ちゃんとか、あそこらへんがツボなのでねー。最近ではシュウト君(SDガンダムフォース)がいい線いってたので、またああいうタイプの声質のキャラクターがこないかなーと悶々してみる。ヒネたファンですいまっせんねーっだ。

鋼の錬金術師 vol.1

鋼の錬金術師 vol.1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

激闘!オレごはん [雑記]

東海テレビ「激闘!オレごはん」
こんな記事を書いた矢先に倉田てつをさんがこんな仕事をしとったようで…。
黒vs剣のライダー対決。
(「7/16料理レシピ」参照http://www.tokai-tv.com/oregohan/main/gekito/recipe/recipe/index.html
うあああ、これ東海地方のローカルなの? 見たかったなあー。
でも7/9の「ウルトラ麺対決」ってのもすごいなあ。誰が考えたのよ。

仮面ライダーBLACK VOL.1

仮面ライダーBLACK VOL.1


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

月箱いまだ2万8800円、月姫、月姫PLUS-DISC、歌月十夜のバラだと2万2270円 [雑記]

月箱いまだ2万8800円、月姫、月姫PLUS-DISC、歌月十夜のバラだと2万2270円
月姫+月姫PLUS-DISC+歌月十夜+青本+白本+読本PLUSって揃ってるんだけど、全部でいくら位になるのかなあ(笑)。ちなみに全部初回プレスとか初版とかなので、月姫は青バージョンですよ。

売らないけどね!

しかしこれだけ値段が高騰しているということはそれだけ欲しがってる人がいるってことなのに、TYPE-MOONさんは一方ではコピーものダウンものは買うな買うなと言っといて、その一方でちっとも再版しないっていうのはどうかと思うなー。今は商業に移っちゃってるから再版してるヒマがないというのはあるだろうけど、製造と販売だけ業者に委託すればクリアできそうな気がしないでもないのになー。

【追記】
もっとも何も手を入れないで再版という訳にもいかないんでしょうなー。特に絵とか絵とか絵とか。やっぱりノーツでリメイク
「月箱」中古、コミケもないのに値上がり中? 特製紙袋付「月箱」3万9690円
Fateのアニメが始まってからまたじりじり値上がりし始めた様子。こうなるともう株価ですな(笑)。最盛期には4万円超えも出た模様。

月姫読本 Plus Period

月姫読本 Plus Period


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「ヒーロー歴」を隠すな! [雑記]

「ヒーロー歴」を隠すな!
確かにデビュー作でファンになった人間からすればいい気持ちのする話じゃない。特に最近の「特撮イケメンヒーロー」人気は、“おおきなおねえさん”的視聴者からすると一種の青田買いみたいなところもあるから、「なかったこと」扱いされれば腹も立つというもんですよ。
>「子供番組出身というと(業界内で)バカにされる」
これは本人じゃなくて、事務所のウエの方の、アタマの古いお偉いさんとかが未だにこういう偏見を持ってるんでしょうね。石野真子ちゃんとかがヒーロー番組に出てすっごい再評価されたのみならず新しいファン層までゲットしたのを知らないんだろうか。
最近の若い役者さんは自分らがヒーロー番組で育ってきた世代だから、こんな年寄りじみた考え方のコがいるとは思えない。いるとしたら多分それは、おうちでNHKしか見せてもらえずに育ってきたコではなかろうか(笑)。

> 「俳優Xの取材で、彼が演じたヒーローの名前を出すのはNGといわれた」「ヒーローを演じた俳優特集で、俳優Yの写真を借りようとしたら、所属事務所に断られた」
XだのYだの言ってねーで実名出しやがれ、とか思わないでもないので、ちょっと自分なりに古いのから新しいのまで推測・分類してみた。あくまでもミヤヴィさんの独断と偏見なので、この人は違うよとかいうのがあったらご指南下されい。
(敬称略)
「なかったこと」、黒歴史扱い…村上弘明、オダギリジョー、西村和彦、堀江慶
自主的にPRはしないが、どっちかというと肯定的……永井大、葛山信吾、金子昇、照英、合田雅吏、長野博、倉田てつを
肯定的、いい仕事だったと思っている……黒部進、篠田三郎、つるの剛士、要潤
ヒーローはオレの誇りだぜ!そっち系のお仕事大好き!……藤岡弘、、宮内洋、涼平、玉山鉄二、大葉健二
なんかキリがなくなってきた。後で思いついたら追加するかもしれません。あ、藤岡さんのはミスタイプじゃないですからね(笑)。
ええと、村上弘明のは一部では有名らしいですね。あとオダギリくんのも、ここ最近ジワジワと噂話が広がりつつある、とゆーか……。
最近のイケメン系よりも大御所ヒーロー的な人たちの方が肯定的なのは面白いかもしれませんね。昔のヒーローものは今みたいなCGなんかない分体当たりで作っていた番組ばかりだから、その分思い入れが強いのかなあ。「科学戦隊ダイナマン」なんか別名「火薬戦隊」だもんなあ(笑)。

宇宙刑事年代記―メタルヒーローシリーズの系譜

宇宙刑事年代記―メタルヒーローシリーズの系譜

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面のメイドガイ(1)/赤衣丸歩郎【コミック】 [レビュー・感想]

密林に注文してたのが諸般の事情でやっと届きました(笑)。

【あらすじ】
富士原姉弟の家にやってきた2人のメイド。1人は清楚で可憐な年上のお姉さんタイプ。が、もう1人は謎のマスクとサメの歯を持つ筋骨隆々の大男だった。このメイド男のご奉仕が大騒動を巻き起こして…!?(Amazonレビューより)

面白いか面白くないかと言われれば面白いです。すきま産業というか、男メイドという今までなかったジャンルですので(笑)。そのメイドガイ・コガラシの行動がいちいち「斜め上」行ってます。てゆーか、人間なのかコガラシ。
(でもよく見たらメイド服の下にちゃんとズボンはいてんだよなコガラシ。ちょっとガッカリ。私だったら絶対はかせない)
マイナス点としては主人公・富士原なえかが典型的な少年誌的ヒロインで、一番嫌いなタイプのヒロイン(胸はでかいが頭が悪くて勝気なタイプ)であるところなのですが、これは私の好みの問題なのでみなさんは気にしなくていいと思います(笑)。
あと、話的にちょっと押しが弱いかなあ……。祖父が常識外な大富豪(個人的都合で学校を臨時休校にさせたり、テレビ番組を局ごと潰したり)で、主人公が実はその祖父の全財産の第一後継者で命を狙われる……っていうのは、ありがちといえばあまりにもありがちな話であまり面白味がないんです。祖父のひととなりもずいぶんとステロタイプだし。まあその辺の「お約束」的展開を気にしないで楽しんだほうが野暮じゃないとは思いますけど。
ちなみにちゃんとした(?)ハートフルなメイドさんも登場しますので、その筋の方もご安心を。

仮面のメイドガイ(1)

仮面のメイドガイ(1)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。