So-net無料ブログ作成

『星矢~冥界編~』声優陣変更について [雑記]

星矢声優変更騒動について御大が所信表明。
(あっというまに404になっちゃいました。興味のある方は下記引用をヒントに自力でお探しくださいませ)
>「声質の変わってしまった同僚を盲目的にかばうのではなく」「泣いて馬謖を斬ってほしい」
>「これも古谷さんとオレが、考えに考えぬいた結果だから、お互いに、もはや後悔はないはずだ」
こんな時でもアツい御大であった……。
>そして、結論として「冥界編」で、主役星矢につぐ最も重要な役、これには天使のような清らかさが必要でした。
これってやっぱり……ハーデス……なんだよね多分……? そうか、今の堀川さんにはもう清らかさがないのか(苦笑)。

なんだかなあ……かつて熱狂したファンの一員としては、読んでて悲しくなってきてしまった。
確かに13年という歳月は大きなものなのかもしれない。星矢の本放映の時点でもうみんな中堅~ベテランだったんだものね。
車田せんせーにとってはセイントは永遠の少年でなければいけないのだろうしね。
でもなあ……。やっぱり、悲しいですよ……。歳をとるというごくごく当たり前の事が、自分にせよ他人にせよ、こんな悲しい、というか、寂しく思えたのは初めてだ……。
旧キャストがもう少年ではないように、自分ももうあの頃の少女ではないという事をまざまざと思い知らされてしまったよ……orz

聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編

聖闘士星矢 冥王ハーデス十二宮編

  • 作者: 車田 正美
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: コミック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ローゼンメイデン・トロイメント 第1話「薔薇水晶」【アニメ】 [レビュー・感想]

イイヨーーーー!!!!

あ、すみません興奮しちゃいましたハアハア(;´Д`)
鳴り物入りのローゼンメイデン続編です。

オープニングが良過ぎる!
オープニングと本編の雰囲気がやや離れている(本編のお笑い要素がウソみたい)のは無印でもそうでしたが、トロイメントは更に顕著です。別のアニメのようだ(笑)!
ゴシックロリータ色がかなり強調され、更にアール・ヌーヴォーのエッセンスも加味された美しい映像に仕上がっています。色数を抑えてあるのがミステリアスな雰囲気でいいですね! あとやっぱり、そこはかとなくプラスされているエロスもポイントです! 翠星石と蒼星石のツーショットは言うに及ばず、序盤の黒い手と真紅もナニヤラ、人攫いならぬ人形攫いを連想させてよからぬ妄想がムクムクと(笑)。
そしてなんといってもALI PROJECTの新曲。あー今年はもう、「阿修羅姫」→「ディレッタント」→「聖少女領域」→「神々の黄昏」、とアリプロファンにとっては福音また福音ですよ~! 「聖少女領域」もマタコレとんでもないテンポでカラオケ死は必至な感じですけども、中毒になりそうな神曲です。
スタッフテロップのフォント欲しいなあ。「Rozen」とかいうフォント名で配布しないだろうか……。

さて本編の方はというと、これがまた、「ローゼンメイデン・第十三話」って言っても全く違和感のない導入部で、つかみはオッケイ、とでもいいましょうか。
しかし水銀燈ってば、復活復活と騒がれていた割にこんな登場の仕方とは……。銀ちゃん可哀想……。
そして最大の目玉キャラ(の割に目玉かたっぽしかないんだけど)、薔薇水晶登場。あれれ、はっきり「第七ドール」って名乗っちゃったけど、いいのかな……。まあ、ももたねさんも監修してるっていうから大丈夫だとは思うけど、第七はまだ原作じゃ出てきてないから、てっきりローゼンシリーズじゃない番外ドールか、それでなければプロトタイプとか、そういう位置だと思ってたので、正々堂々とローゼンメイデンを名乗られてちょっとびっくりしたのでした。
何はともあれ第一話でとりあえずキャラクターのお披露目といった感じでしたが、期待にそぐわぬ出来でもーワクワクテカテカですよ。
DVD買うしか! <気が早いなあ。

ローゼンメイデン エーデルローゼ

ローゼンメイデン エーデルローゼ

  • 作者: PEACH-PIT
  • 出版社/メーカー: MdN
  • 発売日: 2005/05/24
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

脱線救助の日本スピンドル製造に菊池寛賞 [ニュースの感想]

脱線救助の日本スピンドル製造に菊池寛賞
>今年4月兵庫県尼崎市で起きたJR脱線事故で、操業を停止し、いち早く社員総出で人命救助にあたった産業機械メーカー、日本スピンドル製造が、第53回菊池寛賞を受賞した。主催者によると、企業が同賞をこのようなケースで受賞するのは「初めてではないか」という。利益を度外視した「人道企業」としての姿勢に、同社には全国から「感動した」などの激励が殺到していた。

企業とは、とか社会人とは、とか以前に、人間とはこうありたいものです。とっさの時にこういう行動に出られる人々がいるという事は、まだ日本も捨てたものじゃない、とちょっと希望的観測を持てますね。どこだったか忘れちゃったけどどこかの掲示板で以前、「もし同じ規模の事故が諸外国で起きていたなら、周囲の人々はきっと乗客達の手荷物を我先に略奪しにかかっていただろう」と書いている人がいて、ちょっと考えさせられました…。

【追記】
該当記事は404っぽいのでこちら↓でどうぞ。
菊池寛賞 日本スピンドル製造

真珠夫人

真珠夫人

  • 作者: 菊池 寛
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/08
  • メディア: 文庫

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

悲劇の島エロマンガ島 [雑記]

悲劇の島エロマンガ島
エロマンガ島というととかくその名前ばかりが話題に上るのですが(最近はイロマンゴ島って言うらしいんだけどね)ぜひ最後までじっくりと読んでみて下さい。
>かつて白人たちは伝染病を蔓延させアメリカ大陸やオーストラリアの先住民を一掃するために、病人が使った毛布を居住地に配り殺戮を繰り返した
>度重なる伝染病の流行と働き手の喪失により1930年代までにエロマンガ島の人口はわずか400人になってしまった
少数民族フェチとしてはこういう話は胸が痛みます。文化が消えていくのは悲しい事です。
で、少数民族フェチとしては、こういう話を聞くとキリスト教に唾を吐きたくなるんだよなあ……。ケルトの民やインカ帝国が消えたのもやつらの所為だしな。

キリスト教暗黒の裏面史

キリスト教暗黒の裏面史

  • 作者: 井沢 元彦, ヘレン エラーブ
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 文庫

おたく経験値 [雑記]

おたく経験値なるものがオタブログ界隈でひそかに出回っている? ようなのでオイラもやってみた。

*リストをコピペして、自身が所有しているものには○、所有していないものには×を付ける。
*項目が行動の場合は、経験した事柄には後ろに○、経験していない事柄には後ろに×を付ける。
*項目が地名、イベントの場合は、行ったことがあれば○、行ったことがなければ×を付ける(と思われる)。
*項目が人名の場合は、その人物の著書を読んだことがあれば○、読んだことがなければ×を付ける(と思われる)。
*あくまでもお遊びであり数の大小を競うものではないので、○の数を数える必要は無いようだ。

コミケット○
同人誌即売会(コミケット以外)○
サークル参加○
晴海○
有明○
幕張○
東京流通センター○
インテックス大阪×
18禁アニメ○
18禁ゲーム○
18禁漫画○
BL○
アニメ映画○
アニメDVD/ビデオ○
DVDボックス○
フィギュア×
ガンプラ×
トレーディングカード×
コスプレ○
アニメ系Tシャツ着用○
アニメのポスターを貼る○
等身大抱き枕×
漫画のせりふを口走る○
サイン会○
握手会○
漫画を書店で予約○
限定版を購入○
漫画を表紙買い○
漫画を作者買い○
漫画を描く○
小説を書く○
同人誌製作○
映画を製作○
漫研に所属○
ゲームを作る○
ゲームで徹夜○
ドラゴンクエスト○
ファイナルファンタジー○
ネットゲーム○
電話代が3万円以上○
荒木飛呂彦○
楠桂○
高河ゆん○
やぶうち優×
野火ノビタ×
あずまきよひこ×
みやすのんき○
平野耕太×
メイド喫茶×
妄想カップリング○
シューティングゲームでスコアカンスト×
RPGでレベルカンスト○
ゲーメストのハイスコアランキングに載る×
ゲーム雑誌の裏技コーナーに掲載×
ゲーム中に寝てしまう○
ゲーム機を5台以上所有○
エミュレータ×
パソコン自作×
パソコンに愛称を付ける×
モバイル通信×
Webサイト所持○
マイドメイン×
青春18切符で旅行×
ムーンライトながら×
鈍行で400km以上旅行×
鉄道模型購入×
サボ板購入×
電車で異性を助ける×
大人買い○
ネットオークションで購入○
ネットオークション出品×
大人になってからガチャポン○
1週間以上引きこもる○

MIYAVI、おそろしい子……!! ×の方が圧倒的に少ないのはどういう事ですか!! まあオイラの場合はそこそこ年季も入ってますからね。“「東京流通センター」の「コミックマーケット」”って、行った事のある人はもう少数派なのかな……。あと、もともと東京の人間なのでコミケ遠征関連はあまり縁がない。

リフレッシュ [少年向け:コミックセット]

リフレッシュ [少年向け:コミックセット]

  • 作者: みやすのんき
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • メディア: コミック

奇跡の生還者たち【TV】 [レビュー・感想]

ハンパな半ドキュメンタリー番組でさ、スタジオ部分でタレントが泣くのってうざったいよね。

奇跡の生還者たち
>犯罪や事故からの奇跡の生還劇を追う再現ドキュメント。 2004年9月に発生したテロリストによる学校占拠事件で、子供たちのため凶悪犯に立ち向かった美人女性教師。
【番組内容】
2004年9月1日ロシアで起こった学校占拠事件。人質となった子供たちは、水も与えられず悲惨な状況であった。人質を救出するため活動した世界有数の特殊部隊と交渉人。そして、凶悪犯と戦った女性教師の感動ドキュメント。
【出演者】
司会;草野仁、松尾由美子アナウンサー
ゲスト、地井武男、柴田理恵、佐藤恵理子、勝俣州和
ナレーター;江守徹

テレ朝のHPにページも作ってもらえてない程ありあわせな改編期特番。
再現ドラマの日本語吹き替えの演技が濃すぎてドン引き。
しかもスタジオでぐちゃぐちゃ泣いてる芸能人がいちいち鬱陶しい。
とりあえず、こういう企画に泣くと判ってる柴田理恵を連れてこないで欲しいと切実に思った。そんだけ。

ベスラン学校占拠事件

チェチェン

チェチェン

  • 作者: パトリック・ブリュノー
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2005/07/25
  • メディア: 新書

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

CLUSTER EDGE[クラスターエッジ] 第1話「アゲートという名の少年」【アニメ】 [レビュー・感想]

なんの事はない登場人物のネーミングにつられて見始めただけの話です(笑)。あーあと、菱沼義仁さんのやわらかい感じのキャラが好きなんですよ。でも、ネーミングにつられてとは言いましたが、実を言えばこういう、全員共通した由来っていうか語源っていうかのネーミングって、正直苦手なんですよね……だってすごい厨くさいじゃんよ! そもそも、中の人達がユニット組んでエンディングテーマ唄ってる時点で厨っぽいていうか腐っぽい……。
今期のサンライズ新作、まずは女子向け……なのか? な作品。タイプの違う美形少年がたくさん出てきて戦うお話、らしい。コレのフォーマットを作ったのはせいんとせーやだけど、サンライズはトルーパーで大当てしただけあって以後このフォーマットではハズレがないあたり流石ですね。この『クラスターエッジ』もそこそこいけそうな気もするんですけど、なんせ深夜だからなあ。どうかなあ。
キャラクターは思った通りやわらかい雰囲気で好印象です。作画もきれい。ただ、戦闘シーンはちょっと判り辛いかな? 絵が細かくて追っかけるのがしんどいんですよ。
しかし、のっけから意味不明の変な演出連発で、オバちゃんちょっとついていくのがツラいかもです。あの出会いのシーンアレはなんなんだアレはぁー。恋か、恋ですか(笑)? つーか、現時点で主人公アゲートが何考えてるのか意味不明なんでただのトンデモさんにしか見えません。困ったな。
厨向け腐向けのユルい話、に見せかけてそこはサンライズなので、クローンの人造兵とか、そこそこえぐいお話もあるみたいです。当分は主人公の学園生活の話になりそうな予感だけどね。
ところでスタッフロールをなんとなく眺めていて引っくり返っちゃったんですけど。ししし、塩山さん! 塩山紀生さんがこんなところに! こんなとこで何やってるんすかあー(笑)! 言われてみればベリルのぶすくれた顔とかにはちょっとキリコ・キュービィの面影が無くもないような気がしないでもないかもしれない。ってまわりくどいですねすんません。でもベリルって、塩山キャラっていうか村瀬(修功さん)キャラっていうか、むしろ一人だけ竹宮恵子キャラみたいで異彩を放ってるんですけど(笑)。
どうでもいいけど、オフィシャルサイトの「ラッキーストーン占い」っていうの、アレはやめてくれまいか……。なまじ石オタなもんで、こういうの気恥ずかしいんですよ……orz

君という名の光

君という名の光

  • アーティスト: Cluster’S, 石井裕, 齋藤真也
  • 出版社/メーカー: ミュージックレイン
  • 発売日: 2005/11/23
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

雪の女王 第19話「マッチ売りの少女」【アニメ】 [レビュー・感想]

いつもは別の番組見てるのに、今日は他の局が軒並みあまりにもクソつまらない番組ばっかやってるのでたまたま見てしまったのがいけなかった……orz
よりによって「マッチ売りの少女」ですか! アンデルセンでも屈指の鬱話の!

>大晦日の昼、ゲルダは、マッチを売っているかわいらしくてちょっと不思議な少女マリアに出会う。一度声をかけられたがマッチを買わなかったゲルダはマリアが気がかりで追いかけてゆく。

という訳でこれでもかこれでもかとマリアに襲い掛かる悲劇また悲劇。アパートの大家からは立ち退きを迫られ、糧となるマッチは残りあと一箱。挙句の果てには事故に巻き込まれ、遂には母親の形見であった靴まで失くしてしまう。
これだけでもひどすぎるやウワアン・゚・(ノД`)・゚・。
子供であるが故に見ている事しかできず悲しみを募らせるゲルダ。
……で、でも大丈夫だよねきっと救いがあるよね? 昨今のヌルいアニメ界だもんね! しかもNHKだもん! 夕食時だし!(意味不明)
などと話の展開とはまた別の意味でハラハラしつつ見ていたんですが。
……天下の出崎さんがそんなヌルいアニメ作るワケがありませんでした。

しっかり原作通りの結末でした。

流石ビタリスさんにも観鈴ちんにも容赦なかった出崎さんです……。
日曜の夜も夕食時も関係ない容赦のなさでしたよ……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ひどすぎる! ひどすぎるやうわーん!

ちなみに今回2ch実況スレがすごい事になっていた。
いつもは2スレくらいなのが今日は4スレ突破。

150 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:51:51
死んじゃだめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

151 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:51:51
「雪の女王」じゃなかったのかよ。・゜・(ノД`)・゜・。

152 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:51:52
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

やめろおおおおおおおおおおおお

177 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:51:57
うわぁぁぁあああああああ・゚・(ノД`)・゚・

178 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:51:58
涙止まんねえよおおおおおおおおおおおお

184 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:00
もうじゅしんりょうはらわね!1

185 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:00
やべぇぇえぇぇぇ!逝くな!!
頼むから逝くな!!!!

213 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:08
NHKに払う受信料やめてマリアのマッチ買ってやるよ。・゚・(ノД`)・゚・。
 
266 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:20
しんじゃったあああああああああああああああああああああああああっ

267 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:20
こんなけなげでいい子があぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁああ('A`|||)

268 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:21
なんとかならんのか。。。。゚(゚´Д`゚)゚。

269 :公共放送名無しさん :2005/10/02(日) 19:52:21
・゚・(ノД`)・゚・

ほんの一部ですがずっとこんな調子だった。みんな優しいな。
オイラももう顔じゅう水だだ漏れ。

マッチ売りの少女・雪の女王

マッチ売りの少女・雪の女王

  • 作者: 杉田 豊, 与田 準一, アンデルセン
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。