So-net無料ブログ作成

お休みしちゃった [日記]

今日はわざわざ有休使ってお休みとった。
別にお腹が治らないからじゃありません(笑)。
それというのも実は、あーも早くいなくなってくれこの足手まといのコンチクショウ、と前々からずっと思っていたウチのチームのオオバカヤロウがやっと辞めてくれる事になったのですが。ヤツの最終出勤日が今日なのですね。
で。
そーゆー日にありがちな花束贈呈だとか贈る言葉だとか別れを惜しみつつもハレガマシイ新たなる門出をシュクフクだとか~。
そんないい人っぽい真似は例え建前でも偽善でも演技でも嘘八百でも死んでもできなさそうなので。
てゆーかそんな真似してやろうとも思わないので。
かといってあからさまにシカトぶっこく度胸もないし一応社会的立場もありますし(笑)、もうめんどくさくなって会社休む事にしたのでした。
明日出勤したらもういないと思うと心底スッキリするです。ふーんだ。

せっかくお休みとったので何か建設的な事をしようかと思ったのですが、まだお腹が痛いのも実は本当だったりするので、大人しく療養しておりました。ちょっと買物行くくらいならいいかもしれないけど、映画見に行くとかはまだ自信ない……。そんな長い時間席を立てないのは、ちょっと自信ないですわ。ましてや最近の映画長いし……。ああせっかく水曜日なのになあ。

なので、昨日届いた本とか本とか本とかを眺めてすごしたり。
森久保さんはヒゲを剃った方が良かったんじゃないかと思います(笑)。

お腹が痛いのに晩ごはんにヤキソバをもりもり食べちゃったり。
オカンがフライパンが焦げ付く、とこないだから嘆いております。そんなに気にならないケドなあ。

イギリス人は「建前」がお得意

イギリス人は「建前」がお得意

  • 作者: 緑 ゆうこ
  • 出版社/メーカー: 紀伊国屋書店
  • 発売日: 2002/12/11
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エヴァネタはやっぱり面白いと思うのです [雑記]

最近2ちゃんねる系コピペブログ界隈がいろいろ存亡の危機らしい(笑)ので、個人的にどうしても保存しときたかったネタ2題。見られなくなると困るので自分用にほっしゅほっしゅ。

(長くなっちゃったので全部読みたい方は「続きを読む」で読んで下さい)

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

神は試練の手をゆるめませんでした [日記]

まーだシクシク痛むお腹をさすりつつ帰路につこうとしたところ、もう笑うしかない位絶妙のタイミングで中央線が全線ストッパ。じゃないストップ。
誰だこんな朝っぱらから電車に飛び込んだ奴はー!!#
絶妙のタイミングすぎて振り替えバスすらまだ出てなく。復旧の見通しもまだ立たず「中央線下りは出ません」などと断言されてしまった次第。
痛むお腹をさすりつつちょっと考える。
いっそタクシーで帰ってしまおうか…。
と、悩む目の前に、軽やかに到着したバス一台。
田無駅行きだー! ええいもうこれ乗って西武線で帰っちゃえー!
そんな訳でもんのすごい大遠回りで帰りました。
三鷹駅→(関東バス)→田無駅→(西武線)→玉川上水駅→(多摩モノレール)→立川駅→(立川バス)→ウチ。
すごいね!てゆーか関東バス乗ったの初めて! バスカードで乗ったけど支払い方法よくわかんなかったから、もしかしたら正規の料金で乗ってないかも(笑)。

家に帰ってからは糸が切れたかの如くぱったりと昏睡。でもやっぱりお腹が痛い…。
なーんだろーなーこれー。あんまり続くようだったら病院行かなきゃ。

で、寝込んでる間にAmazonに頼んでた諸々が届きました…。って、また買い物したのですかアンタわー!
うわーんごめん、つい出来心で!
↓今日届いた物リスト。

▼アドベントチルドレンのビジュアル集、とコメンタリーとか製作裏話とか、いろいろ。森久保さんの写真に絶句してしまったのはここだけの話だ(笑)。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン ~Reunion Files~

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン ~Reunion Files~

  • 作者: エンタテインメント書籍編集部
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/05/20
  • メディア: 大型本

▼「ローゼンメイデン」「ローゼンメイデン・トロイメント」の版権イラスト集。無印の方が絵は整ってた気がします…。薔薇水晶の絵があんまりなくて残念。

TVアニメーション ローゼンメイデン ヴィジュアルブック Rozen Maiden ERINNERUNG

TVアニメーション ローゼンメイデン ヴィジュアルブック Rozen Maiden ERINNERUNG

  • 作者: エンタテインメント書籍編集部
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2006/05/27
  • メディア: 大型本

▼物語も佳境に入っ…てるのか? 今回内容がちと濃い目。荒屋敷さん再登場。

仮面のメイドガイ(3)

仮面のメイドガイ(3)

  • 作者: 赤衣 丸歩郎
  • 出版社/メーカー: 富士見書房
  • 発売日: 2006/04/28
  • メディア: コミック

▼出たのだいぶ前なんだけど買いそびれてました。「白」はノーマルなメジャー曲集。「黒」は…ちょっとツウ好みの内容、というか、ダーク系というか、シュール系。

谷山浩子ベスト 白と黒

谷山浩子ベスト 白と黒

  • アーティスト: 谷山浩子, 石井AQ, 乾裕樹, 倉田信雄
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2005/12/07
  • メディア: CD

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「PLASTIC STYLE」をひょんな事からゲットしました [日記]

すっかり忘れていて危うく積みゲーと化してしまうところだった『セノサーガI・II』をやっとこさ開梱。
限定版の特典カレンダーだってのに意味ありゃしない。
操作があまりにもややこしすぎて投げそうになる。ブートってなんだよブートって。わけわかりませんよ。
慣れるので精一杯でちっとも進まなかった(っていうか慣れてすらいないよ)。アレックスが加わったところで続きはまた後日。

こないだの『ひぐらしのなく頃に』が綿流し編ラストだったので各所で大反響。あああ~、原作やってない人のレビューとか見てると、ウズウズしてくるっていうかモゾモゾしてくるっていうか~!
ネタバレしてえ~(笑)!! そりゃもう激しく!
ああもう違うんだ! あそこで閉じ込められてたのは○○じゃなくて○○なんだよー! 双子っていったら入れ替わってるのが定説じゃん! 「殺したい奴はこれで全部」っていうのはつまりー! 私の好きな子はいなくなっちゃったのにアイツの好きな子は生きてるなんて許せない! って事なんだってばさ~!
はーはー、すいません本当に激しくネタバレなので、見なかった事にしていただければ幸いです。

ヘッダの警告文とかサイドバーとかが読み辛かったのでスキンを変えてみました。どうかな。どうだろ。因みに一応サイトのイメージカラーは緑で統一しているつもりなので、ここのスキンも緑系で統一しています。そねっとさん緑系のスキンもっと増やしてちょ~。

IEの7、結局アンスコしちゃいました(笑)。一日ももたなかった。
だって使い辛いじゃんよ!
聞いた話だと、なんだアレってば、びすた用に開発された次世代ブラウザなんだねえ。どーりでXPじゃ重たい筈じゃ~ん。じゃ~ん。
そもそもよくよく考えたらまだβ版なんだった。正規版出るまで様子見するか。

「TVのチカラ」を見ていたら急に謎の腹痛に襲われました。
あううう、結構いろんなケースが解決に至ったのに、個室にこもりっきりで殆ど見られなかった…。
てゆーか。
出勤時間になっても治まってくれない! ジャンプ大ピンチ! いやむしろジャンプ大パンツ! インド人を右へ!
仕方がないからシクシクキリキリと痛み続けるお腹を押さえつつ出勤。
こ、これはちょっと、初めてのケース…。絶体絶命…。立川で電車に乗る前と三鷹で電車降りた後、トイレに駆け込んでしまったではないですか…。
なんでー? なんでなの!?
さては晩ごはんの天ぷらそばが原因かー! 惣菜屋の天ぷらだったから油が古かったかー!? それとも空きっ腹にいきなり油っぽいもの入れたからだろうか…。
出勤コースにある薬屋さんに転がり込んでストッパ買っちゃいました…。は、恥ずかしいなあもう。

ストッパ飲んだらやっと落ち着いた。
で。
落ち着いたところで、会社でいきなりとんでもないモノを貰ってしまった。

プラスチックスタイルー!

なんでも日勤のパートさん→夕勤の校正さん→ウチのチームのリーダーさん、と廻り巡って「興味のある欲しい人がいたらドウゾ」という事らしいのですが、その初出が気になる…なんでだろう…。
でもいいや貰っちゃったもんね!
表紙はエンプレスバージョンのコンコード。実はデカダンスタイルの頃からコンコード大好きなのです。超大昔にゲストでお呼ばれしたFSS本に当時はまだ喋った事すらなかったコンコード描いちゃった位デスヨ! どんだけ大昔かっつーと、ええと、たぶん…15年位前…。

ゼノサーガ I・II 特典 差し替えカレンダー式マウスパッド付き

ゼノサーガ I・II 特典 差し替えカレンダー式マウスパッド付き

  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • 発売日: 2006/03/30
  • メディア: ビデオゲーム
ドラマCD ひぐらしのなく頃に 綿流し編

ドラマCD ひぐらしのなく頃に 綿流し編

  • 出版社/メーカー: HOBiRECORDS
  • 発売日: 2005/12/22
  • メディア: ソフトウェア
ファイブスター物語 (9)

ファイブスター物語 (9)

  • 作者: 永野 護
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1998/09
  • メディア: コミック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Internet Explorer 7ってイマイチ使い辛くない? [日記]

Internet Explorerの7をインスコしてみた。
いきなりタブブラウザになって戸惑うワタシ。
てゆーか、なんだ、対応してないタグとか出てきたのか? 表示がすんげえ崩れてるサイトとかあるんだが……。
でも表示が少しきれいになったかもだ。
まあでも当分火狐ちゃん使いだけどな!
だって、なんかしんないけどえらく重いんだもん……。
もっとも、まだまだIEしか対応してないサイトというのが世の中山ほどあるんで、IEはIEで使わざるを得ないのであった。

暇を持て余していろいろ無駄な事をしてみる。

ネットの海をうろついてるうちに天文スキーにはもってこいの「STARLIGHT mini」というブログアクセを見つけたので即効で登録して貼り付けてみた。ちっこいちっこいプラネタリウムです。どうですか。どうなのよ。どうでもいいけどSo-netのカスタムペインって字数制限があるんだなあ。という訳で困った事に、本体のタグが長すぎて説明文が入れられませんでした。ええと、左上の■でツールバーが出ますので色々なオプションをオンオフできます。デフォではオートドライブになってるのでほっとくとどんどん時間が進んじゃうんですが、右上の◎で現在の日時に固定できます。月齢表示は右上の■でオンオフできますのでじゃまだったら隠してください。以上!

『Fate/hollow ataraxia』がPCに入れっぱなしになってるので、暇なときに思い出したように時々再プレイしているのである。今日はサッカーのシーンとデッドブリッジのシーンをやった。おお、セイバーデーですな。ホロウではすっかり食い気担当なセイバーさんですが、やるときゃやる、のでした。個人的には、シャツがめくれちゃって「見えましたか?」のところが好きなんだが。

それも飽きてとうとうGyaoに手を出してみた。シリーズものはキリがないからとりあえず手軽なところで、なんかキンタのアニメがあったから見てみた。感想は別記事にて。新作の主役って、一応あの変な(失礼)兄と弟って事で宜しいのでしょうか。弟はともかく、兄の方はちょっぴり気持ち悪いかもとか思ったのはここだけの話だ。

やべえ、うちのオカンが食い入るように「あるある」見てるよw
こりゃ明日の晩ごはんはサバだな……。

Fate/hollow ataraxia

Fate/hollow ataraxia

  • 作者: 広江 礼威
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2006/03/22
  • メディア: コミック

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

The King Of Fighters : AnotherDay【アニメ】 [レビュー・感想]

http://www.gyao.jp/anime/kof/
>累計出荷数350万本以上の人気格闘ゲーム「ザ・キング・オブ・ファイターズ(KOF)」をオリジナルアニメ化!
数々の死闘が繰り広げられた「サウスタウン」を舞台に、KOF歴代主人公たちが繰り広げる4つのストーリー。
制作は「攻殻機動隊S.A.C.」で知られる“プロダクション I.G”第9スタジオが担当。

という訳で、先日発売になったPS2ソフト『KOFマキシマムインパクト2』のプロローグ的お話です。のっけからサウスタウン大炎上。いつもいつも大変だねえ、あの街ってば。
SNKの格ゲーアニメというとどうしても餓狼伝説とかその辺の印象が強い人間だったりしますが。
そんな人間からすると隔世の感アリ。

KOFって事でファンにはお馴染みのメンバーが新旧交えて勢ぞろい。
キャスティングはゲームのオリジナルキャスティングそのままです。
……なので、正直、長セリフは苦しい方が若干……。ええと、Mちゃんとか、Bさんとか……ゴニョゴニョ……。
あと野中さんの長いセリフ久々に聞いたような気がするんですが(別に野中さんにブランクがあるって事じゃなくて、ワタシが格ゲー界隈から遠ざかってたって事です)、野中さんってこんなに腹の底から響くようなどすこい声だったっけ(笑)。京ちゃんのキャラクターデザインが割とファニーフェイス寄りだから、なんかちょっと変な感じ……。いおりんがどすこい声なのは元々ですが、いおりんと京ちゃん、二人そろったシーンで二人ともどすこい声なのはちょいと、バランス的に宜しくないかと。

K´とマキシマが相変わらず仲良しさんなのは微笑ましかったです。あとマキシマのメカニカルな描写がかっこよかった。ここらへんは流石にイマドキのアニメって感じ。
レオナちゃんとムチ子さん、クーラちゃんがセリフなしだったのはちょっと淋しかったな~。
格闘シーンの描き方がなかなか、今までの格闘ゲームアニメにない、リアリティーとゲーム的デタラメさとのギリギリ境界線のところで上手くアクションしていて秀逸でした。プロダクション I.Gはやっぱり上手いなー、と。

現在Gyaoにて公開中です。
まあ30分程度なので、そう気負わずに見られるのでは。なかなか面白かったデスヨ。KOFファンは押さえておいていいんじゃないでしょうか!

KOF MAXIMUM IMPACT2(初回生産版)

KOF MAXIMUM IMPACT2(初回生産版)

  • 出版社/メーカー: SNKプレイモア
  • 発売日: 2006/04/27
  • メディア: ビデオゲーム

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

一日中PCの前に陣取っていた次第 [日記]

朝から雨で出かける気にもならず、以前から地道に進めていた旧ブログからの記事の移転を一日中やってました。
サイドバーのカレンダーが急に増えたんで驚かれた方もおいでかと。
とりあえず自分で気に入っていた記事は全部移しおわりました。ので、近いうちに旧い方のgooブログは退会・削除の方針になると思います。ヨロシク。

一日中やってたので眼が疲れた;;
ついでにサイドバーにもちょっと手を入れようとしたんだけど、So-netブログのサイドバーってiframeタグが禁止になってるんですねorz
Amazonのリンクでも貼ってオススメ品リスト~、とかやろうと思ったんだけどテキストリンクしか貼れないっぽい……。
とりあえずテキストリンクだけでお買物リストとか作ってみようと思っています。ってああそうか、記事中に商品紹介リンクが作れるようになってるから、サイドバーでは禁止になってるのかなあ……。

BGMに一日中カタルシスってた(笑)。
生きるは毒杯杞憂の苦しみを~。
ホント、最近の少女系のと違ってグラギニョ寄りでイイね、この曲。終末系っていうか。

俺流amazonの作り方―Amazon Webサービス最新活用テクニック

俺流amazonの作り方―Amazon Webサービス最新活用テクニック

  • 作者: 水野 貴明
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Fate/stay night~Fate日記総集編~【ゲーム】 [レビュー・感想]

フト思いついたので、過去の日記の中から『Fate/stay night』のプレイ感想に関するところだけ抜き出してみました。せっかくアニメ放映中な事ですし、コンシューマへの移植も決まった事ですし、まあなんつーか、イキのいいうちに(笑)。
ちょっと長いですけどお楽しみください。


05年09月22日(木)

何を今更とお思いの向きもありましょう(笑)。別にこんど始まるアニメの予習とかもしくは「ホロウ」の予習とか、そーゆーつもりではないんです。ホントですw
前々からヤリタイヤリタイと思ってたのが手を出すタイミングを掴み損ねて今日まで来てたっていうのが正直なところで、買い物するのにもうちょっと何か欲しいなーと思って(せっかく送料無料になるんだからね)、じゃあせっかくだから、とカートにぶっこんだ次第。あーそれと、ヲタクのくせして所持している商業エロゲが七橋しちいもだけっつーのは少々心許ないのでは、とか思ったりしたのはここだけの話だ(笑)。


Amazonで注文してたのが届いた日。一緒に写ってる物は……気にしないで下さい。


05年09月25日(日)
「Fate/stay night」をインスコしましたよ。
発売からまだ2年と経っていないのに、メディアがCD-ROMである事に既に古臭さをほんのり覚えてしまっているあたり、我ながら空恐ろしいというか。それだけ技術というのは日進月歩なんだなあとか、FF7ACと同じような感想をいだいてしまったりしている俺ガイル。
プロローグが長すぎてオープニングにたどり着く前にもう飽きてきたのはここだけの話……。語りたい気持ちは判るけど、ここはもっと序盤に盛り上がる場面を持ってきてグイグイ引っ張っていってくれないと、ねえ。仮にも商業作品なんだからさぁ~、わかるゥ~? <何故かルー大柴調。真面目な話、凛とアーチャーの馴れ初め(馴れ初め言うな)なんて話はそれこそファンディスクででもやってればいい話なんじゃないかと。この調子で全編ダラダラ続いちゃうのかよとちょっと萎えかけたのは事実だ……。
まあそれはおいといて。アーチャーかわいいよアーチャー(笑)。ちょっと仔犬属性感じさせませんかね? かわいいなあ。そのまま茶坊主にしてもいいくらいだ(笑)。
とりあえずバーサーカーに腹かっ捌かれたとこまでやりました。続きはまた明日。


いきなり文句タラタラなMIYAVIさん。この先大丈夫か?


05年09月26日(月)
のんびり進めてとりあえず佐々木小次郎とガチったところまで。
あー、なんつーかこう、相変わらず話進むの遅いですねえ(笑)! もっと次から次に息をもつかせぬ展開! とかゆーふーにはいかないもんですか? 聖杯戦争とはなんぞや、とかサーヴァントとはなんぞや、とか魔術師とはなんぞや、とか、そういうの出てくるたんびにいちいち、逐一仔細に説明してくれなくていいから! そーゆーのはあとで落ち着いたときにまとめてやってくれればいいんであって。
なんでこんなにテンポ悪いのかなあ、ひとくちに比べちゃいけないのかもしれないけど、これホントに月姫と同じ人が作ったの? 月姫の時はもっとこう、ドキドキしたっていうかバクバクしどおしだったんだけど、Fateって、さあ盛り上がってまいりましたよ! って時にいちいち無粋な解説語りがダラダラ入っちゃって、ボルテージがくんと急降下、みたいな。
まあでも女の子がみんな可愛いからいいけどさ……。凛ちゃんもセイバーも可愛いよね。桜はいまいち好みのタイプじゃないんで保留……。あと藤ねえみたいな性格破綻者は一番嫌いなタイプなので却下(笑)。


のんびり、とか言ってる割にもう佐々木小次郎まで進んでます。月姫がバクバクしたっていうのは、ビビリなもんで怖い系のゲームが苦手で、ホテルのくだりとかがすんごい心臓バクバクだった、って事です。


05年09月29日(木)
Fate、ようやっとこさ盛り上がってきた気配? でもライダーとの対決やけにあっさり済んでしまってちょっと肩透かし? 慎二だってもっとガスンガスンのキタンギタンにやっつけてやりたかったのに(笑)。
つか、サイト巡りしていろんな人のプレイ日記とか見てみたけど、当初セイバーの正体がジャンヌ・ダルクだと推測してた人が結構いましたね。私はジャンヌ・ダルクは黒髪だって知ってたから騙されなかったけどね!


ライダーと対決、セイバーの真名が明らかになるくだりですね。どうやらMIYAVIさんは慎二を血祭りにしたかった模様(笑)。


05年09月30日(金)
Fate、今日はのんびり進めてバーサーカーとガチったところあたりまで。タイガースタンプ集めようかと思って色々回り道していたので進み具合は遅めです。
セイバールートなのに凛ちゃんがかわいいよ……(笑)。凛ちゃんてなまじ親密になるよりも寸止めの悪友関係くらいの方がむしろいい仲になれそう。


凛ちゃんに対するこの感想は今でも変わってないです。


05年10月01日(土)
Fate、とりあえずセイバールート終了。いっつも思うんだけど、武内さんってエロいシーン描くの下手だよね……。アタリとかコンテだけでもいいから他のエロ絵師の人に描いてもらった方がいいと思うけど。そしたらスタッフリストの肩書きは何になるんだ、「erotic graphic layout」かな(笑)?
割とあっさりした終わり方でした。あうう、TMの正ヒロインってなんでいっつもこんな最期なんだ……。泣けてきちゃう……。
彼女がどうか楽しい夢の続きを見られますように。

でさ。
泣けちゃったもんで、今度の「Fate/hollow ataraxia」、もともと関心あったわけじゃないんだけど、ますます手出し辛くなってきちゃいました……。理由は月姫の時と全く同じですよ、月姫のトゥルーエンドで感動した人ほど歌月十夜はやらない方がいい、っていうか。過去の日記で散々書いた事なんですが(笑)。まさかFateも同じ道をたどるとは……。


武内さんのエロ絵って、要するに「使えない」んじゃないかと思うんですよ……。世の男子の人々に「使える?」と問いたい所存。
hollowや歌月にあまりいい事言ってないのは、つまり、本編でいなくなってしまった人が「なかったこと」みたいな顔して出てくるから、なんですよね。「さらば」であれだけ号泣させられたのに「2」で「なかったこと」にされて工エェェ(´д`)ェェエ工、みたいな! ←変な例えでごめんなさい……。


05年10月02日(日)
ウンウンうなりながら聖杯戦争継続中(笑)。うへえ、凛ちゃんのルートってなんつーかこー、人死にまくりんぐの血ー流れまくりんぐじゃねー? まさかイリヤまで死んじゃうとは思わなかった……。イリヤとバーサーカーって「大きい人と小さい子」「野獣のような男と純真無垢な娘」のダブルツボだもんで、ちょっと泣けちゃいました……。
 クライマックスのダブルエミヤ剣戟大決戦(笑)はただただ圧巻でした。燃えですよ燃え! モエモエ~! こういう流れじゃあ、やっぱり主人公は少年じゃないといけないよなあ……。でもエロゲで主人公が少年なのはいろいろ都合が悪そうですけど。


凛ルートに突入。なんかえらいスピードで進めてますね、休みの日だからか(笑)。


05年10月08日
相変わらずFate日記くらいしか書く事がなくてすみません。
桜ルートが佳境に入ってまいりました。言峰神父の大ハッスルにしばし呆然。それにしても桜ルートってなんでこんなに殺伐としてるのかしら(笑)。凛ルートどころじゃない大騒ぎ。ギルガメッシュまでまるごとぱっくんちょされてしまうとは! セイバーも、黒化から生還するのかと思ってたのにまさか士郎にさっくり殺られるとは思ってませんでした……orz
そもそも桜ルートがお話として一番気合が入ってるような希ガス。テキスト量も一番多くないっすか? 月姫の遠野家ルートみたいなもんか? TM作品は正ルートの方が迫害されてるんですかいのう……。


桜ルートプレイ中。佳境に入っております。


05年10月09日(日)
Fate終わったよー(爆)!!
大体二週間ですか……随分根詰めてやってた気がするのに、なかなか大作でしたねー。でもルートが三つしかなくてしかもセイバールートはエンディングが一つしかないからエンドが全部で五つ、というのもちょっと物足りなかったかなー。せっかく商業に移ったのに、印象としてはこう、完読するのに疲れちゃってバリエーション的には月姫より物足りない感じでした。
 まあ女の子はみんな可愛かったし(でも桜はいまいち好みじゃない)、えろげなのに異様に男率が高いのもモエっていうか燃えだったし、面白かったです。結局ataraxia予約しちゃったしな(笑)! 不満があるとすれば、アーチャーはアーチャーなのに結局アーチェリーなシーンがいっこもなかった事ですかねー? 弓使い好きなのになー。もっと人間高射砲っぽいシーンが欲しかったのよ。まあそれはataraxiaとか、あぬめとか、その辺に期待しますか……。ランサーの声は竹村拓さんで脳内アテレコしてました。


総括っぽく。っていうか、いちいち「桜は好みじゃない」って言わなくていいですよMIYAVIさん(笑)。「その辺に期待」は「Fate/hollow ataraxia」で実現しましたね。ランサーの声はそれ程かけ離れてはいないと思うんですけどどうでしょう?


05年10月10日
フジテレビはゲーム音源が大好きらしくやたらと聞き覚えのあるメロディを耳にする事が多いのですが、今朝の「とくダネ!」でいきなりFateの音楽が……(汗)。中学生熱中症で死亡のニュースに「エミヤ」とか流されちゃうとえらいガックリきちゃうんですけど! 好きな曲なんで!


誰だって「エミヤ」をそんな使われ方したら嫌でしょ(笑)。あとPSOの音楽とか好きだよね、この番組。


05年10月16日(日)
昨日のクサレおでんの反動で朝から無性におかずパンが食べたくなってしまいました。なんつーかこうぐわーっと、ケチャップとかマヨネーズとかチーズとか、そういう濃いー味のパンにむしゃぶりつきたい! もはや口直しとかそういうレベルじゃないです。自分、余程ショックだったのか、おでん……。
一旦思っちゃうともう止まらないですよ。
10時になるか否や即効で近所の99に猛ダッシュε≡≡ヘ(; ´Д`)ノ!!!! ギブミーおかずパン! おかずパン、おかずパンが、パンが食べたいんだ俺は! 溢れ出す妄想止まらない欲求!

   「――――I am the bone of my bread.(体はパンで出来ている)」
   「――――Butterismybody(血潮はバターで),and flourismyblood(心は小麦)」

そう、これが俺の固有結界……!

   「――――Mywholelifewas(この体は)“unlimited bread works(無限のパンで出来ていた)”」

故に、“無限のパン製(アンリミテッドブレッドワークス)”……!!

おかずパンとかチーズとかコーヒー牛乳とかおかしとか、とにかく思いつく限りの食べたい物を投影っていうか買物カゴに投入。ただし魔術にはそれなりの対価ってやつが必要なんです。等価交換ですな。望み通りおかずパンを手に入れたはいいのですがおサイフの中身が少し軽くなりました。
気ぃ抜いてるとまた発動しちゃいそうだなあ、アンリミテッドブレッドワークス。赤い荒野に墓標のように並ぶ無限のおかずパン。空中で回ってるのはきっと歯車ならぬ粉挽き臼です。


前の日におでんを傷ませてしまったMIYAVIさん、ショックの余り変な固有結界を発動させてしまいました。この「アンリミテッドブレッドワークス」はその後も時々発動。


確か発売が04年1月だったから、世間のムーブメントとかからは1年以上ブランクがあってのプレイだったんですよね。だもんで、実はセイバーの正体とかはうすうす耳に入ってた事もなくもなかった、のでした……。
でもまだ未プレイの方とかはよかったらぜひドゾー。いまならDVD版がおすすめですよ、ディスクレス起動だからな!

Fate/Stay night DVD版

Fate/Stay night DVD版

  • 出版社/メーカー: TYPE MOON
  • 発売日: 2006/03/29
  • メディア: ソフトウェア

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

金曜日は眠いんだってば [日記]

枕
金曜日なので一日中ぞっぷり眠っておりました。
……いや、一応お昼くらいまでは起きてたんだけどなあ……おかしいなあ……。

ドイツ(グループA)
なんか最近めっきり「負けられない戦い」とかで盛り上がってるようですなあ……。
そんなワタシの関心事といえばもちろん試合中継の裏にどんな大作映画が来るかに尽きるのです!
また『十戒』やってくれないかなあテレ朝! 何度見てもいいものはいい(笑)!

犬の散歩
ポチたまを見る。
まさお君の旅は今回から多摩川を遡上していくコース。
そのうちこの辺に来そうな気がしないでもない。
ああ、まさお君はいいなあ、天真爛漫つーか天衣無縫つーかでやりたい事やれて……。

まさお君、パパになる ワンダフルスマイル 「ペット大集合! ポチたま」オフィシャルPHOTO BOOK

まさお君、パパになる ワンダフルスマイル 「ペット大集合! ポチたま」オフィシャルPHOTO BOOK

  • 作者: テレビ東京
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2005/09/08
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

亡國覚醒カタルシス/ALI PROJECT【CD】 [レビュー・感想]

宝野アリカという人は不思議なヴォーカリストだ。
曲によってキャラクターが違う。
小悪魔的な黒ゴス声で愚民共に鉄槌を下したかと思えば、無垢且つ幼さ故の残酷さ、みたいな処女声でピュアな愛を訴えてみたりもする。一方スローバラードでは奇を衒う事もなくストレートな、だけど情熱的なラブバラードを演じてみせるし。
そして「月蝕グランギニョル」である。「コッペリアの柩」もそうだったけど、はるか眼下で蠢く人類を時に滅ぼさんとし時に救済を訴えるその歌声は、もはや神の視点だ。っていうか女神の視点だろうか。
アリプロの楽曲ではこの「女神視点」の曲が一番好きだ。

てなワケで「亡國覚醒カタルシス」である。
アニメ『.hack//ROOTS』のエンディングテーマ。PS2ソフト『.hack//G.U.』のTVCMで耳にした人もいるかもしれない。シングルとしては昨年秋の「聖少女領域」以来の新曲。待ちに待った……という人もいるだろうけども、人間いーかげん年とると半年なんてあっという間だったりする(笑)。なのでこう頻繁に新曲が聴けるのは嬉しいかも、とかなんとか。
分類するなら紛れもなく「女神視点」の曲だ。まあ歌詞中の一人称は「僕」になっているのだけども。

亡國覚醒カタルシス

亡國覚醒カタルシス

  • アーティスト: ALI PROJECT, 宝野アリカ, 片倉三起也
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/05/24
  • メディア: CD

ジャケット・インナーのフォトは赤と黒で統一されたイメージ。また今回もすごいカッコですね、アリカさん……。洋ゴス・和ゴス・中華ゴス、ときて今度はなんだろう、ええと、軍ゴス……? マルコシアス・バンプ(笑)?
歌詞の内容が好み。ストレートにラヴを歌い上げられるよりもこういう終末観っぽい曲の方が好きだ。
どこへ転がっていくか予測のつかない、転調・変調がふんだんに散りばめられた、おっと、「鏤められた」曲調は、お得意の、というか、アリプロ真骨頂、というか、今回も健在。とにかく頭にこびりついて離れない。中毒性が高くて困る。

以下思った事などつらつらと。
◆「生きるは毒杯」。アリカさんどう考えてもトクハイって言ってるんで辞書を引いてみたら、確かに毒という字はトクとも読む。ので、アリカさんの事だからここはやはりドクハイでなくトクハイで正解だろう。同様に「口移しの快楽」もカイラクではなくてケラクで正解。アリカさんは常々「判らない歌詞は辞書を調べましょう!」と言っておられるが、その発言は正しかった事が立証されました(笑)。
◆磔刑、はハリツケの刑。ここではおそらく十字架。遙かなる青空に憬れる余り天蓋に打ち付けて欲しいとまで恋焦がれる、胸を掻き毟られるような狂おしさ。
◆鏖サレルはミナゴロサレル。「鏖」一文字でミナゴロシ(これもちゃんと辞書引いたわよ)。こういう使い回しが「衒学的」だとか揶揄される所以だろうか。でもいいの、こっちは判ってて敢えてキモチヨクそれに浸っているのだから。
◆亡國、とか毒杯、とか玉砕、とかいう言葉からなんとなく、アリカさんのカッコも相まって「独裁者の自決」を連想してしまった。もっと具体的に詰めるなら某総統か。昨今のメディア事情からすれば絶対無理な話だけども、恐らくアリカさんは帽子なり腕章なりに某鉤十字を使いたかったのではありますまいか。だとすれば、「嘆キノ壁」だの「鏖サレル」だのはひどくリアルだ。

一番好きなのは「純白の一羽射止めよ」のところ。
けっして蒼穹には手の届かない暗渠に、ひとひら舞い降りた小さな光明。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。